3Dセキュア(本人認証決済サービス)

3Dセキュアとは、JCB、VISA、MasterCardが提供する本人認証サービスの総称です。

「カード番号」「有効期限」に加え、利用者様によってカード会社へ事前に登録された「パスワード」を入力することで、本人認証を行い不正利用を未然に防止するセキュアサービスです。

なりすまし・詐欺被害により不正利用が発覚した場合、クレジットカード会社から返金要求(チャージバック)が発生します。
通常、その費用はEC事業者の負担となりますが、3Dセキュアを導入いただきますと原則としてチャージバックはカード会負担になるというメリットがあります。
更に、3Dセキュアを導入し、セキュリティ対策を講じることにより、高い意識のもと安全対策に取り組んでいることを
アピールできます。

※チャージバックが加盟店様の故意によるものと発覚した場合や、クレジットカード会社の規定により補償の対象外と判断した場合は、
クレジットカード会社負担とはなりませんのでご注意ください。

  • JCB 本人認証サービス「J/Secure(TM)」
  • VISA VISA認証サービス
  • MasterCard SecureCodeTM

3Dセキュアを利用した決済の流れ

決済時にクレジットカード情報に加え『個人認証パスワード』が要求されます。
個人認証パスワードは、クレジットカード所有者が事前にクレジットカード会社のWebサイトにて登録したものであり、クレジットカードの券面に記載されていない情報なので、所有者本人以外は知り得る情報ではありません。
個人認証に成功後、承認処理を実行する流れとなります。

※利用者様が3Dセキュア非対応カードを利用した場合はパスワード入力画面は表示されません。

本人認証の流れ