3Dセキュア(本人認証サービス)3Dセキュア2.0(EMV3Dセキュア)対応

インターネット上でのクレジットカード決済をより安全に行うための「本人認証サービス」です

「 カード番号 」「 有効期限 」などの決済情報に加え、利用者様のデバイス情報などをもとに本人認証を行い不正利用を未然に防止します。

クレジットカード決済では、なりすまし・詐欺被害により不正利用が発覚した場合、カード会社から返金要求(チャージバック)が発生します。
通常、その費用は事業者様の負担となりますが、3Dセキュアを導入すると原則としてチャージバックはカード会社にて補償されるというメリットがあります。

※チャージバックが加盟店様の故意によるものと発覚した場合、またはカード会社の規定により補償の対象外と判断した場合は、カード会社負担とはなりません。ご注意ください。

  • VISA Visa Secure
  • Mastercard ID Check
  • JCB J/Secure
  • American Express SafeKey

3Dセキュアを利用した決済の流れ

  1. リスクベース認証:取引情報(決済情報・デバイス情報など)をもとに認証(パスワード入力不要)
  2. チャレンジ認証:①にて本人認証ができなかった場合、ワンタイムパスワードなどの入力をもって本人認証を実施
  3. ①もしくは②の本人認証に成功した後に、承認処理を実行
3Dセキュア(本人認証サービス)の流れ