F-REGI 承認画面システム

「クレジットカード情報の非保持化」に対応した決済環境を実現

利用者から電話・FAX・紙媒体を通じて取得した決済情報を専用の機器から入力することで、事業者側で決済処理を行うことができます。
また、定期購入などの継続課金運用におけるカード情報の登録ツールにもご利用いただけます。

クレジットカード情報の非保持化に関する詳細は以下よりご確認ください。
クレジットカード情報の非保持化について

決済専用タブレット

F-REGI 承認画面システム(決済専用タブレット)

決済専用タブレットへ決済情報を入力することで、リアルタイムかつ安全にカード決済処理を行うことができます。

テンキーパッド

F-REGI 承認画面システム(テンキーパッド)

PCI P2PEに完全準拠したテンキーパッド上でカード情報を入力することで、カード情報非保持化に対応した環境下でカード決済処理を行うことができます。